加藤敏幸の演出(シムーン6話など)

CODE-E見てるけど、加藤敏幸さん巧いなぁ。

戦う司書、いぬぼくSSを見た頃はあまり意識していた演出家じゃなかったけれど、
シムーンの6話とかCODE-Eの加藤敏幸はかなり面白い。

でも、どこを面白いと思ったのか説明するのは難しいね。
画面と音のバランスがよくて、1つ1つの場面に間を置くことで作られる空気が心地良い、という感じかな。

シムーン6話は全編通して巧いけど、分かりやすいのはカイムとパラ様がキスする所の一連の変なためらいなんか、上手く、気持ち悪く、もどかしく、表現されている。
緊張感を感じさせる音楽と、危険信号のように機能しているリマージョンの光と。

なんというか、「絵を動かさず空気を動かす」という表現が合ってるかな。
シムーンCODE-Eも静かな話であることも一因なんだろうけど、絵をゆったりと動かして空気・心を動かすイメージ。それが巧い。


やっぱり、こういう演出は音がキモなんだろうか。
妖狐僕SSなんて、「静かな音楽」のくせに、それがしっちゃかめっちゃか流れててうるさい時あったよなぁ。